このデリヘル嬢、リピ決定です

京都 デリヘル
普段たまに利用している京都のデリヘルにGカップの爆乳風俗嬢が入店したということで早速遊んできました。なんと彼女、この店に来る前はソープで働いていたそうです。やはり脱ぐと圧巻のボディ。小柄ではあるもののその豊満な胸にどうしても目がいってしまいます。でもあまりに見すぎてしまったのか恥ずかしそうに俯いてしまい、そこがまた可愛らしいですね。一緒にシャワーに入ったのですがそこで体を洗ってもらう事に。ソープの経験が活かされているようで丁寧かつサービスも抜群。あっけなく一度出してしまいました。しばし休憩してから気を取り直して今度はベッドへ。さっきは私がやられてしまったので今度はリベンジです。感度はそこそこなのですが個人的には感じている時の表情が非常に色っぽくて好みでしたね。2回目はその爆乳に挟んでパイズリでフィニッシュ。ついつい気持ちよくて責めてもらってばかりいたので、今度は豊満な胸をもっと責めたいですね。もちろんリピート決定です。

上品な人妻デリヘル嬢

今回は地元の人妻専門デリヘルを利用してみました。ホームページに載っていた新人風俗嬢さんの中でもかなりプッシュされていた竹下さんを指名。実際にお会いしてみると本当に上品な奥様といった感じです。スレンダーな体型はまだまだ若さを保っていますし胸もバッチリ上向き。サラサラの髪にほんのり香る柔軟剤の香りが心地良いですね。さてこちらの竹下さんですが風俗は完全に未経験。おまけにまだまだ不慣れだと記載されていたのでこちらが攻めようと思っていたのですがなんと攻め好きだそう。そこで試しにと攻めてもらうのですがかなり過激。通常は有料オプションになるはずのプレイもどんどんこなしてしまいますし、更にそれがかなり上手いんです。M性感やマッサージ店も多く利用しているのですが、そっちのお店の嬢と比べても遜色ありません。後で聞いた話なのですが旦那様もそういう性癖だそうですっかりお得意になってしまったのだとか。聞けば聞くほど旦那様が羨ましくなってしまい、次もまた指名する事を決めたのでした。

ピンサロとデリヘルを堪能しました

出張に行ったときの話です。仕事が予定より早く片付き、早い時間から暇な時間ができました。そこで、食事などを早めに済ませて、風俗に行ってみることにしました。調べてみると、近くに歓楽街があるようです。行けば店も見つかるだろうと、さっそく行ってみることにしました。最初は、ソープにでも行こうと考えていましたが、どこにもソープらしき店舗がありません。土地勘のない場所ですから、見落としてしまったのかもしれません。仕方なく他の風俗を探してみると、ピンサロらしき店を見つけることができました。プレイルームは個室っぽく作られていて、女の子の指名はできない店でしたが、ついてくれた女の子はいい具合に気持ち良くしてくれました。その後ホテルに戻りましたが、まだまだ時間はたっぷりとあります。自分の体もまだまだイケそうな感じだったので、デリヘル嬢を呼ぶことにしました。来てくれた子に、ピンサロに行ってきたという話をすると、それは負けられないとかなりのテクニックで気持ち良くしてくれました。なんだか得をした気分になった1日でした。

雨の日に呼んだデリヘル嬢

出張の楽しみといえば風俗です。僕は、出張の多い仕事をしているんですが、出生先では必ずそういう店を利用することにしています。そんな僕の最近のお気に入りはピンサロです。料金も手ごろだし、時間をかけずにサッと気持ち良くなれるところがいいと思っています。なので、先日の出張のときも、ピンサロに行こうと思っていました。でも、その日は激しく雨が降っていて、宿泊先のホテルに戻ったら外に出る気がしなくなてしまいました。今日は...

全文表示

女の子のやわらかさを堪能できるデリヘル

俺の趣味は、体を鍛えることです。だから、細マッチョとかガリマッチョと呼ばれるような体をしてます。男の体ってもともと硬いですけど、鍛えてる分だけさらに筋肉がガチッとしてます。それもあるかもしれませんが、女の子には異常なほどやわらかさを求めてしまいます。ぽっちゃりとしたやわらない質感の女の子に、激しく惹かれてしまいます。女の子で必死にダイエットをしてる子がいますけど、そんなことは今すぐやめてもらい...

全文表示

初めて呼んだデリヘル嬢はやさしい人でした

就職したのをきかっけにひとり暮らしをしています。家族仲は良い方だと思いますが、やっぱりひとり暮らしは憧れです。最初は嬉しくてしょうがなくて、毎日が楽しくてたまりませんでした。でも、その暮らしも、1ヶ月、2ヶ月と経ってくるとなんだか新鮮なものではなくなってきます。仕事が終わって疲れた体で、1人で部屋にいると、寂しくて仕方がなくなってしまいます。この状況とをどうにかしたい、誰かと一緒にいたいという思いが大き...

全文表示

新しい記事